Norikazu Saito

>> 今年の口頭発表

口頭発表(1996-2018)

2018年

  1. 齊藤宣一,上田祐暉,時間不連続Galerkin法とNitsche法の解析(ポスター),CREST・さきがけ数学関連領域合同シンポジウム数学パワーが世界を変える2018,2018年2月11日,アキバホール
  2. 齊藤宣一,放物型問題の弱形式についての注意,不連続Galerkin有限要素法の数学理論とその周辺,2018年2月13-15日,コンフォートホテル長崎.
  3. 齊藤宣一,不連続Galerkin時間離散化法の変分法的な解析,日本数学会(応用数学分科会),2018年3月18-21日,東京大学大学院数理科学研究科.
  4. 上田祐暉,齊藤宣一,放物型問題のNitsche’s methodに対するinf-sup条件及び誤差評価について,日本数学会(応用数学分科会),2018年3月18-21日,東京大学大学院数理科学研究科.
  5. N. Saito, Variational analysis of the discontinuous Galerkin time-stepping method for parabolic equations, International Workshop on Numerical Methods for Partial Differential Equations, March 26--28, 2018, The Hong Kong Polytechnic University, Hong-Kong, China
  6. 齊藤宣一,数値解析の諸相数値解析セミナー,2018年5月8日,東京大学大学院数理科学研究科
  7. Y. Chiba and N. Saito, Discontinuous Galerkin method for an N-dimensional spherically symmetric Poisson equation, EASIAM2018: 13th SIAM East Asian Section Conference 2018, June 22--25, 2018, The University of Tokyo (Hongo Campus), Tokyo
  8. N. Saito, Variational analysis of the DG time-stepping method for parabolic equations, CJK2018: The Seventh China-Japan-Korea Joint Conference on Numerical Mathematics, August 20--25, 2018, Shiinoki Cultural Complex, Kanazawa, Japan
  9. 千葉悠喜,齊藤宣一,N次元球状領域上のPoisson方程式に対する不連続Galerkin法,日本応用数理学会 年会,2018年9月3-5日,名古屋大学.
  10. 中西徹,齊藤宣一,有限要素法による高次元半線形熱方程式の球対称解の数値解析,日本応用数理学会 年会,2018年9月3-5日,名古屋大学.
  11. 千葉悠喜,齊藤宣一,滑らかな領域上のRobin境界条件を持つPoisson方程式に対するNitsche法,日本数学会(応用数学分科会),2018年9月24-27日,岡山大学.
  12. 中西徹,齊藤宣一,有限要素法による高次元半線形熱方程式の球対称解の数値解析,日本数学会(応用数学分科会),2018年9月24-27日,岡山大学.
  13. 千葉悠喜,齊藤宣一,滑らかな領域上のRobin境界条件を持つPoisson方程式に対するNitsche法, 数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会2018,2018年11月17日,明治大学中野キャンパス
  14. 中西徹,齊藤宣一,有限要素法による高次元半線形熱方程式の球対称解の数値解析, 数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会2018,2018年11月17日,明治大学中野キャンパス
  15. N. Saito, Variational analysis of the DG time-stepping method for parabolic equations, The Japan-Taiwan Joint Workshop on Numerical Analysis and Scientific Computation, November 24-26, 2018, National Taiwan University, Taipei, Taiwan
  16. 千葉悠喜,齊藤宣一,滑らかな領域上のRobin境界条件に対する有限要素法とDG法, 応用数学合同研究集会,2018年12月13-15日,龍谷大学理工学部
  17. 中西徹,齊藤宣一,有限要素法による高次元半線形熱方程式の球対称解の数値解析, 応用数学合同研究集会,2018年12月13-15日,龍谷大学理工学部

2017年

  1. 周冠宇,杉谷宜紀,齊藤宣一,片側流出境界条件の数値的検討と利用指針(ポスター),CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム数学パワーが世界を変える,2017年2月11-12日,東京大学大学院数理科学研究科.
  2. 杉谷宜紀,齊藤宣一,弾性体流体連成問題に対する埋め込み境界法とその解析(ポスター),CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム数学パワーが世界を変える,2017年2月11-12日,東京大学大学院数理科学研究科.
  3. 上田祐暉,齊藤宣一,B-splineによる時間変数近似の逐次的構成の拡張と解析(ポスター),CREST・さきがけ・数学協働プログラムの合同シンポジウム数学パワーが世界を変える,2017年2月11-12日,東京大学大学院数理科学研究科.
  4. 齊藤宣一,界面問題の数値解析手法,研究集会:非線形現象と高精度高品質数値解析,2017年2月13-15日,富山大学人間発達科学部 332教室.
  5. 千葉悠喜,齊藤宣一,多面体領域上のPoisson方程式に対する不連続Galerkin法の$L^\infty$誤差評価,日本応用数理学会2017年研究部会連合発表会,2017年3月6-7日,電気通信大学.
  6. 齊藤宣一,差分法の$L^\infty$解析に関する注意,研究集会:数値解析の理論・実践,2017年3月21-22日,石川県政記念しいのき迎賓館
  7. 千葉悠喜,齊藤宣一,多角形領域上のPoisson方程式に対する不連続Galerkin法の$L^\infty$誤差評価,日本数学会(応用数学分科会),2017年3月24-27日,首都大学東京.
  8. N. Saito, Convergence of the immersed-boundary finite-element method for the Stokes problem (invited lecture), ECM 2017: International Conference on Engineering and Computational Mathematics, May 31-June 2, 2017, The Hong Kong Polytechnic University, Hong-Kong, China
  9. Y. Ueda, N. Saito, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, Space-time computation technique with continuous representation in time (ST-C): mathematical analysis and numerical examples, EMI 2017: 2017 Engineering Mechanics Institute Conference, June 4-7, 2017, Omni San Diego Hotel, San Diego, CA, USA
  10. Y. Chiba and N. Saito, $L^¥infty$ error estimates of discontinuous Galerkin methods for the Poisson equation on a polygonal domain, EASIAM 2017: SIAM East Asian Section Conference 2017, June 22-25, 2017, Seoul National University, Seoul, South Korea
  11. 千葉悠喜,齊藤宣一,N次元球状領域上のPoisson方程式に対する不連続Galerkin法,日本応用数理学会 年会,2017年9月6-8日,武蔵野大学.
  12. 千葉悠喜,齊藤宣一,N次元球状領域上のPoisson方程式に対する不連続Galerkin法,日本数学会(応用数学分科会),2017年9月11-14日,山形大学.
  13. 齊藤宣一,Banach--Ne{\v c}as--Babu{\v s}kaの定理とDG time-stepping法,RIMS共同研究(公開型):数値解析学の最前線ー理論・方法・応用ー,2017年11月8日--10日,京都大学数理解析研究所
  14. 千葉悠喜,齊藤宣一,球対称Poisson方程式に対する不連続Galerkin法の各点評価, 応用数学合同研究集会,2017年12月14-16日,龍谷大学理工学部
  15. 中西徹,齊藤宣一,有限要素法による高次元半線形熱方程式の球対称解の数値計算, 応用数学合同研究集会,2017年12月14-16日,龍谷大学理工学部
  16. 齊藤宣一,Lax-MilgramからBanach-Ne{\v c}as-Babu{\v s}kaへ:DG時間離散化法の変分法的な解析,数学談話会,2017年12月22日,愛媛大学理学部
  17. 齊藤宣一:(1) 数値計算に潜むトラップ,(2) 不連続ガレルキン時間離散化手法の変分法的な解析,日本応用数理学会・三部会連携「応用数理セミナー」,2017年12月26日,早稲田大学西早稲田キャンパス(63号館2階05会議室)

2016年

  1. 宮下大,齊藤宣一,楕円型界面問題に対するハイブリッド型不連続Galerkin法, 日本応用数理学会2016年 研究部会連合発表会,「科学技術計算と数値解析」研究部会,2016年3月4-5日,神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
  2. 千葉悠喜,齊藤宣一,移流拡散方程式に対する不連続Galerkin法の理論解析における注意, 日本応用数理学会2016年 研究部会連合発表会,「科学技術計算と数値解析」研究部会,2016年3月4-5日,神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
  3. 杉谷宜紀,齊藤宣一, 埋め込み境界法の数学的定式化に対する諸注意, 日本応用数理学会2016年 研究部会連合発表会,「科学技術計算と数値解析」研究部会,2016年3月4-5日,神戸学院大学ポートアイランドキャンパス
  4. Y. Ueda and N. Saito, Successive projection with B-spline, ITNG 2016: 13th International Conference on Information Technology: New Generations, Special track on: New Trends in Wavelet and Numerical Analysis, April 11-13, 2016, The Flamingo Las Vegas, Nevada, US
  5. Y. Sugitani and N. Saito, Some outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations, ITNG 2016: 13th International Conference on Information Technology: New Generations, Special track on: New Trends in Wavelet and Numerical Analysis, April 11-13, 2016, The Flamingo Las Vegas, Nevada, US
  6. T. Kemmochi and N. Saito: Discrete maximal regularity and the finite element method for parabolic problems, EASIAM 2016: SIAM East Asian Section Conference 2016, June 20-22, 2016, University of Macau, Macau, China
  7. N. Saito and T. Kemmochi: Discrete maximal regularity and the finite element method for parabolic problems (invited lecture), CJK2016: The Sixth China-Japan-Korea Joint Conference on Numerical Mathematics, August 22-26, 2016, NIMS, Daejeon, Korea
  8. T. Sasaki and N. Saito: Finite difference approximation for nonlinear Schr¥" odinger equations with application to blow-up computation, CJK2016: The Sixth China-Japan-Korea Joint Conference on Numerical Mathematics, August 22-26, 2016, NIMS, Daejeon, Korea
  9. 宮下大,齊藤宣一,プラズマ物理学における高周波シースモデルの数理的特性調査,日本応用数理学会2016年度年会,2016年9月12-14日,北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉)
  10. 上田祐暉,齊藤宣一,B-splineによる時間変数近似の逐次的構成の解析(ポスター),日本応用数理学会2016年度年会,2016年9月12-14日,北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉)
  11. 千葉悠喜,齊藤宣一,非凸多面体領域におけるPoisson方程式の有限要素法の$L^¥infty$評価(ポスター),日本応用数理学会2016年度年会,2016年9月12-14日,北九州国際会議場(福岡県北九州市小倉)
  12. 剱持智哉,齊藤宣一,最大正則性と作用素の分数べきによる, 放物型方程式に対する有限要素法の誤差解析,日本数学会(応用数学分科会),2016年9月15-18日,関西大学.
  13. 杉谷宜紀,齊藤宣一,埋め込み境界法の数学的定式化に対する諸注意,日本数学会(応用数学分科会),2016年9月15-18日,関西大学.
  14. 杉谷宜紀,齊藤宣一,埋め込み境界法の数学的定式化に対する諸注意,日本流体力学会 年会2016,2016年9月26-28日,名古屋工業大学御器所キャンパス
  15. N. Saito: Analysis of the immersed boundary method for the Stokes interface problem, International Workshop on Mathematical Science for Nonlinear Phenomena, September 28-October 1, 2016, Hotel Grand Terrace Obihiro
  16. 杉谷宜紀,齊藤宣一,埋め込み境界法の数学的定式化に対する諸注意,RIMS研究集会:現象解明に向けた数値解析学の新展開II,2016年10月19日--21日,京都大学数理解析研究所
  17. N. Saito: Penalty methods and the immersed boundary method, International Seminar on Applied Mathematics for Real-world Problems II, October 28-29, 2016, Research Institute for Electronic Science (RIES), Hokkaido University
  18. 齊藤宣一:弾性流体練成問題に対する埋め込み境界法とその解析,平成28年度藤田保健衛生大学数理講演会,2016年11月11日,藤田保健衛生大学(藤田保健衛生大学病院外来棟401講義室)
  19. 齊藤宣一:数値計算に潜むトラップ,理学セミナー(日本女子大学),2016年12月2日,日本女子大学(百年館低層棟505教室)

2015年

  1. 上田祐暉,齊藤宣一, NURBSを用いた時間変数の離散化手法の解析, 日本応用数理学会 2015年 研究部会連合発表会,OS 連続体力学の数理,2015年3月6-7日,明治大学中野キャンパス
  2. N. Saito, G. Zhou and Y. Sugitani: A unilateral boundary condition for the Stokes equations with application to numerical outflow boundary conditions, FEF 2015: The 18th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, 16-18 March 2015, Regent Taipei, Taipei, Taiwan
  3. M. Miyashita and N. Saito: Hybrid Discontinuous Galerkin method for anisotropic diffusion equation, FEF 2015: The 18th International Conference on Finite Elements in Flow Problems, 16-18 March 2015, Regent Taipei, Taipei, Taiwan
  4. 剱持智哉,齊藤宣一,離散最大正則性の半線形熱方程式への応用, 日本数学会(応用数学分科会) ,2015年3月21-24日, 明治大学駿河台キャンパス .
  5. 齊藤宣一,Navier-Stokes方程式の非凡な境界条件: 数値解析と数学解析の立場から,博多ワークショップ:数値解析と計算科学の協働を目指して,2015年6月13日,リファレンス駅東ビル .
  6. T. Sasaki and N. Saito: Blow-up of finite difference solutions to nonlinear Schrodinger equations, ICIAM 2015: The 8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, August 10-14, 2015, China National Convention Center, Beijing, China
  7. Y. Sugitani, G. Zhou and N. Saito: Finite element approximation for the Stokes equations under a unilateral boundary condition, ICIAM 2015: The 8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, August 10-14, 2015, China National Convention Center, Beijing, China
  8. T. Kemmochi and N. Saito: Discrete maximal regularity for abstract Cauchy problems and its application to the finite element method, ICIAM 2015: The 8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, August 10-14, 2015, China National Convention Center, Beijing, China
  9. Y. Ueda and N. Saito: Analysis of space-time computation technique with continuous representation in time (ST-C), ICIAM 2015: The 8th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, August 10-14, 2015, China National Convention Center, Beijing, China
  10. 周冠宇,齊藤宣一:仮想領域法の解析(ポスター), JST PRESTO-CREST Symposium 2015: 「シンポジウム22世紀創造のための数学」,2015年9月30日--10月1日,ステーションコンファレンス東京/6階602
  11. 杉谷宜紀,周冠宇,齊藤宣一:流出境界条件とNavier-Stokes方程式(ポスター), JST PRESTO-CREST Symposium 2015: 「シンポジウム22世紀創造のための数学」,2015年9月30日--10月1日,ステーションコンファレンス東京/6階602
  12. 上田祐暉,齊藤宣一:B-splineによる逐次的射影法の解析(ポスター), JST PRESTO-CREST Symposium 2015: 「シンポジウム22世紀創造のための数学」,2015年9月30日--10月1日,ステーションコンファレンス東京/6階602
  13. 齊藤宣一:バブシュカのパラドックス,数理モデルとシミュレーション,2015年10月31日--11月2日,休暇村伊良湖
  14. 齊藤宣一:Opening/Announcements/Closing, RIMS研究集会:現象解明に向けた数値解析学の新展開,2015年11月18日--20日,京都大学数理解析研究所
  15. T. Sasaki and N. Saito: Blow-up of finite-difference solutions to nonlinear wave equations (poster), Second Joint Workshop of China-Japan-Korea A3 Foresight Program,27-28 Nov, 2015, Xiamen Golden Bay Hotel, Siming District, Xiamen, China
  16. Y. Sugitani, N. Saito and G. Zhou: Some outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations (poster), Second Joint Workshop of China-Japan-Korea A3 Foresight Program,27-28 Nov, 2015, Xiamen Golden Bay Hotel, Siming District, Xiamen, China
  17. Y. Ueda, N. Saito: Analysis of successive projection with B-spline (poster), Second Joint Workshop of China-Japan-Korea A3 Foresight Program,27-28 Nov, 2015, Xiamen Golden Bay Hotel, Siming District, Xiamen, China
  18. 内河寛明,佐々木崇史,滝沢研二,T. Tezduyar,齊藤宣一, Space-Time Isogeometric Analysisによる安定な大動脈流出境界の検討, 第29回数値流体力学シンポジウム,2015年12月15-17日,九州大学筑紫キャンパス

2014年

  1. 齊藤宣一,離散Sobolevの不等式とその有限要素解析への応用, 第6回福島応用数学研究集会,2014年3月10-11日,コラッセふくしま
  2. 杉谷宜紀,周冠宇,齊藤宣一,A unilateral open boundary value problem for the Stokes equations, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年3月15-18日,学習院大学理学部.
  3. 周冠宇,齊藤宣一,Error analysis of a finite volume scheme for the Keller-Segel system of chemotaxis, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年3月15-18日,学習院大学理学部.
  4. 佐々木多希子,齊藤宣一,非線形波動方程式の差分解の爆発について, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年3月15-18日,学習院大学理学部.
  5. N. Saito, Energy inequalities and outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations, Advances in Computational Fluid-Structure Interaction and Flow Simulation, A Conference Celebrating the 60th Birthday of Tayfun E. Tezduyar, March 19-21, 2014, Green Computing Systems Research and Development Center, Waseda University, Tokyo
  6. 周冠宇,齊藤宣一,Analysis of a finite volume scheme for the Keller-Segel system of chemotaxis,第10回 日本応用数理学会 研究部会連合発表会,2014年3月19-20日,京都大学吉田キャンパス.
  7. 佐々木多希子,齊藤宣一,非線形波動方程式の差分解の爆発について,第10回 日本応用数理学会 研究部会連合発表会,2014年3月19-20日,京都大学吉田キャンパス.
  8. 齊藤宣一,Navier-Stokes方程式に対するエネルギー保存型の流出境界条件,数理講演会,2014年3月26日,藤田保健衛生大学
  9. N. Saito, Numerical blow-up results for nonlinear wave equations, 2014 Japan-Taiwan Joint Workshop on Numerical Analysis and Scientific Computation, April4-6 2014, Conference room III, Clock Tower, Kyoto University
  10. G. Zhou and N. Saito, Error analysis on finite-volume approximation for a parabolic-elliptic system modeling chemotaxis and the numerical blow-up analysis, EASIAM 2014: East Asia Section of SIAM 2014, Ambassador City Jomtien, Pattaya, Chonburi, Thailand June 23-25, 2014.
  11. T. Sasaki and N. Saito, Blow-up of finite difference solutions for nonlinear wave equations, EASIAM 2014: East Asia Section of SIAM 2014, Ambassador City Jomtien, Pattaya, Chonburi, Thailand June 23-25, 2014.
  12. Y. Sugitani, N. Saito and G. Zhou, A unilateral open boundary value problem for the Stokes equations, EASIAM 2014: East Asia Section of SIAM 2014, Ambassador City Jomtien, Pattaya, Chonburi, Thailand June 23-25, 2014.
  13. N. Saito: Energy inequalities and numerical outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations (invited talk), CJK2014: The Fifth China-Japan-Korea Conference on Numerical Mathematics Ningxia University, Ningxia, China, August 25-28, 2014.
  14. 杉谷宜紀,周冠宇,齊藤宣一,片側境界条件下でのStokes方程式の有限要素近似,日本応用数理学会,2014年9月3-5日,政策研究大学院大学 .
  15. 剱持智哉,齊藤宣一,抽象的Cauchy問題に対する離散最大正則性と有限 要素法への応用,日本応用数理学会,2014年9月3-5日,政策研究大学院大学 .
  16. 佐々木多希子,齊藤宣一,非線形シュレディンガー方程式の差分解の爆発について(ポスター),日本応用数理学会,2014年9月3-5日,政策研究大学院大学 .
  17. 杉谷宜紀,周冠宇,齊藤宣一,Navier-Stokes方程式に対するエネルギー保存型の流出境界条件,日本流体力学会 年会2014,2014年9月15-17日,東北大学川内北キャンパス
  18. 佐々木多希子,齊藤宣一,非線形シュレディンガー方程式の差分解の爆発について, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年9月25-28日, 広島大学東広島キャンパス .
  19. 杉谷宜紀,周冠宇,齊藤宣一,Finite element approximation for the Stokes equations under a unilateral boundary condition,日本数学会(応用数学分科会),2014年9月25-28日, 広島大学東広島キャンパス .
  20. 剱持智哉,齊藤宣一,抽象的Cauchy問題に対する離散最大正則性と有限 要素法への応用, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年9月25-28日, 広島大学東広島キャンパス .
  21. 上田祐暉,齊藤宣一,B-splineに基づく高精度逐次的時間離散化法の解析, 日本数学会(応用数学分科会) ,2014年9月25-28日, 広島大学東広島キャンパス .
  22. N. Saito: Numerical outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations, RIMS 研究集会 「新時代の科学技術を牽引する数値解析学」,2014年10月8~10日,京都大学数理解析研究所
  23. 齊藤宣一,有限要素法と有限体積法---走化性粘菌のKeller-Segelモデルを例に, 金沢大学数理学談話会,2014年10月22日,金沢大学大学院自然科学研究科
  24. N. Saito, Mathematical and numerical analysis for flows and related problems, The 1st Joint Conference of A3 Foresight Program: Mathematics of Fluid Dynamics and Material Science November 21-23, 2014, International Convention Center, Jeju, Korea
  25. N. Saito: Numerical outflow boundary conditions for the Navier-Stokes equations, 研究集会 「流体方程式の構造と特異性に迫る数値解析・数値計算」,2014年12月8~9日,名古屋大学理学南館
  26. 剱持智哉,齊藤宣一,離散最大正則性の半線形熱方程式への応用, 応用数学合同研究集会,2014年12月18-20日,龍谷大学理工学部
  27. 佐々木多希子,齊藤宣一, 非線形シュレディンガー方程式の差分解の爆発について, 応用数学合同研究集会,2014年12月18-20日,龍谷大学理工学部
  28. 上田祐暉,齊藤宣一,B-splineに基づく高精度逐次的時間離散化法の解析, 応用数学合同研究集会,2014年12月18-20日,龍谷大学理工学部

2013年

  1. 齊藤宣一:非鋭角型三角形分割上で最大値原理を実現する有限要素近似,平成24年度藤田保健衛生大学数理講演会, 2013年2月23,藤田保健衛生大学情報教育センター棟
  2. 齊藤宣一:Method and analysis of discretizations for parabolic problems with a nonlinear convection, Numerical Analysis for Partial Differential Equations, 2013年4月17-18日,東京理科大学神楽坂校舎7号館5階 751セミナー室
  3. 周冠宇、齊藤宣一:仮想領域法 ($L^2$処罰法) とその有限要素法および有限体積法の誤差解析,日本応用数理学会,2013年9月9-11日,アクロス福岡
  4. G. Zhou and N. Saito: Fictitious domain method with the $L^2$-penalty and application to the finite element and finite volume methods, 日本数学会2013年度秋季総合分科会,2013年9月24-27日,愛媛大学理学部
  5. 佐々木多希子,齊藤宣一,Linearly implicit finite-difference schemes for a nonlinear wave equation with application to approximation of the blow-Up time,RIMS 研究集会:応用数理と計算科学における理論と応用の融合,2013年10月15-17日,京都大学 益川ホール
  6. N. Saito and G. Zhou: A unilateral open boundary condition for the Navier-Stokes equations, PD 13: SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations,7-10 December, 2013, Hilton Orlando Lake Buena Vista.
  7. G. Zhou and N. Saito: Fictitious domain method with the L2-penalty and application to the finite element and finite volume methods , PD 13: SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations,7-10 December, 2013, Hilton Orlando Lake Buena Vista.
  8. T. Sasaki and N. Saito: A second-order time discretization scheme for a system of nonlinear Schr{\"o}dinger equations , PD 13: SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations,7-10 December, 2013, Hilton Orlando Lake Buena Vista.
  9. 齊藤宣一,離散Sobolevの不等式とその有限要素解析への応用, 第10回 金沢解析セミナー,2013年12月13日,金沢大学自然科学5号館 コロキウム室 3.
  10. 周冠宇,齊藤宣一,杉谷宜紀,Stokes方程式に対する片側境界値問題,応用数学合同研究集会,2013年12月19-21日,龍谷大学理工学部
  11. 佐々木多希子,齊藤宣一,Linearly implicit finite-difference schemes for a nonlinear wave equation with application to approximation of the blow-up time,応用数学合同研究集会,2013年12月19-21日,龍谷大学理工学部

2012年

  1. 齊藤宣一:数値解析の立場と視線, 大阪市立大学理学研究科主催FD研修会,2012年1月26日,大阪市立大学理学研究科
  2. 齊藤宣一:退化放物型方程式に対する有限要素法と有限体積法,RIMS共同研究「非線形拡散の数理」,2012年2月13-15日京都大学数理解析研究所.
  3. 齊藤宣一: 任意の三角形分割上で最大値原理を実現する有限要素近似について, 日本数学会2012年度年会(応用数学分科会),2012年3月26~29日,東京理科大学神楽坂キャンパス
  4. 齊藤宣一,Numerical method for fast diffusion equations, 非線形現象の数理と数値解析2012, 2012年5月26日,富山大学人間発達科学部.
  5. N. Saito: Finite volume approximation for fast diffusion equations, EASIAM 2012: The 8th East Asia SIAM Conference, June 25-27, 2012, National Taiwan University, Taipei, Taiwan.
  6. N. Saito: Discrete extinction phenomenon in fast diffusion equations, The 4th CJK: The 4th China-Japan-Korea Conference on Numerical Mathematics, August 25-28, 2012, Piazza Omi, Otsu City, Shiga, Japan.

2011年

  1. Keller-Segel型の走化性モデルに対する有限体積近似,藤田保健衛生大学数理講演会, 藤田保健衛生大学病院(外来棟402会議室),2011年3月11日
  2. Analysis of the finite volume approximation for a degenerate parabolic equation, EASIAM 2011: The 7th East Asia SIAM Conference, Kitakyushu Campus of Waseda University, Japan, June 27-29, 2011
  3. Some remarks on the fictitious domain method with penalty for elliptic problems (presented by the co-author, Guanyu Zhou), EASIAM 2011: The 7th East Asia SIAM Conference, Kitakyushu Campus of Waseda University, Japan, June 27-29, 2011
  4. Maximum-norm error estimate of the finite volume approximation for a convection-diffusion equation, ICIAM 2011: The 7th International Congress on Industrial and Applied Mathematics, Vancouver Convention Centre, Vancouver, BC, Canada, July 18-22, 2011
  5. 発展方程式の数値解析(I. 最大値原理,解析半群と有限要素法, II. Keller-Segelの走化性モデルと有限体積法), 特別講演, 第33回発展方程式若手セミナー, 筑波山温泉つくばグランドホテル, 2011年8月26-29日
  6. 齊藤宣一,柏原崇人: 摩擦型境界条件に関わる数学解析(ポスター),JST「数学」領域第2回領域シンポジウム,越境する数学ーCREST研究報告会ー,アキバプラザ・ アキバホール,2011年9月7日
  7. $L^1$ analysis of the finite volume method for degenerate diffusion problems, Nonlinear Dynamics in Partial Differential Equations (The 4th MSJ-SI Mathematical Society of Japan, Seasonal Institute), Kyushu University, September 12-21, 2011
  8. $L1$ analysis of the finite volume method for nonlinear degenerate diffusion problems, SIAM Conference on Analysis of Partial Differential Equations (PD11), San Diego Marriott Mission Valley, San Diego, CA, USA, November 14-17, 2011
  9. N. Saito: Conservative upwind finite-element method for Keller-Segel's chemotaxis system, Modeling and Analysis in the Life Sciences: A ReaDiLab Conference in Tokyo, The University of Tokyo, Tokyo, 28-30 November, 2011
  10. N. Saito: Some nonlinear unilateral boundary conditions for the Navier-Stokes and Stokes equations: Theory and approximation, 2011 NIMS Hot Topic Workshop on Fluid Dynamics: Vortex Dynamics, Biofluids and Related Fields, December 12-14, 2011, Daejeon, South Korea
  11. 周冠宇,齊藤宣一:Some remarks on the fictitious domain method with penalty for elliptic problems,応用数学合同研究集会,2011年12月15~17日,龍谷大学瀬田キャンパス.

2010年

  1. 移流拡散問題に対する有限体積近似の一様収束性,九州大学数値解析セミナー,2010年1月12日,九州大学数理学研究院
  2. 放物型問題に対する有限体積法について,応用数理研究会2010,2010年2月12-13日,金沢大学サテライトプラザ
  3. Baba-Tabata型上流近似と走化性方程式の有限体積近似,研究集会「数値シミュレーションの理論と実践」,2010年2月16-17日,九州大学西新プラザ
  4. A finite-volume approximation for a degenerate Keller-Segel system, International Workshop on Mathematical Fluid Dynamics, 2010年3月10-13日,早稲田大学理工学術院
  5. 退化拡散問題に対する有限体積近似,第4回さいたま数理解析セミナー,2010年5月10日,大宮ソニックシティ(埼玉大学サテライトキャンパス)
  6. Finite volume method for degenerate diffusion problems, The 35th Sapporo Symposium on Partial Differential Equations, 2010年8月23-25日, 北海道大学理学部
  7. Maximum-norm error estimate of the finite volume approximation for a convection-diffusion equation, Conference in Numerical Analysis (NumAn 2010), September 15-18, 2010, Chania, Greece
  8. Analysis of the finite volume method for degenerate diffusion problems, The 8th International Conference of Numerical Analysis and Applied Mathematics (ICNAAM 2010), September 19-25, 2010, Hotel Rodos Palace, Rhodes, Greece
  9. Finite volume schemes to PDE models for chemotaxis, 明治大学GCOE現象数理若手シンポジウム:細胞・腫瘍の数理ーモデルと解析ー,2010年11月5,6日,明治大学先端数理科学インスティテュート
  10. 退化放物型方程式に対する有限体積近似の$L^1$理論,研究集会「数値解析と計算の信頼性評価」,2010年11月21~23日,ハウステンボス・ユレヒト第5会議室

2009年

  1. Conservative finite-element method for the Keller-Segel system modeling chemotaxis, Seminar of Numerical Analysis, Seoul National University, Seoul (Korea), March 20, 2009
  2. 移流拡散問題に対する有限体積近似の一様収束性,数値解析・応用解析セミナー,2009年12月10日,京都大学大学院情報学研究科
  3. 放物型問題に対する有限体積法について,RIMS研究集会 「数値解析と数値計算アルゴリズムの最近の展開」,2009年12月14-16日,京大会館

2008年

  1. Scharfetter-Gummelの差分近似について,第9回計算科学セミナー,電気通信大学情報工学科,2008年1月11日
  2. Keller-Segel系に対する保存的上流有限要素法,数理科学研究科談話会,東京大学大学院数理科学研究科,2008年1月25日
  3. Keller-Segel系に対する離散化手法,応用解析セミナー,東京大学大学院数理科学研究科,2008年6月5日
  4. Conservative upwind finite-element method for the Keller-Segel system of chemotaxis, The 5th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2008), Venice (Italy), June 30-July 4, 2008
  5. Keller-Segel系に対する離散化手法,第2回岐阜非線形ワークショップ:非線形現象の数理解析,岐阜大学,2008年7月30,31日
  6. Conservative finite-element method for the Keller-Segel system modeling chemotaxis (Invited Lecture), The 2nd China-Japan-South Korea Workshop on Numerical Mathematics, Weihai (China), August 25-29, 2008
  7. Conservative finite-element method for the Keller-Segel system, Mathematical Analysis for Self Similarity and Self Organization, 京都大学数理解析研究所(会場:農学部総合館W106),2008年9月16-18日
  8. Keller-Segel系に対する保存的上流有限要素法,数理解析セミナー,首都大学東京都市教養学部,2008年10月30日

2007年

  1. Keller-Segel系に対する保存的有限要素法,偏微分方程式セミナー,北海道大学大学院理学研究科,2007年1月29日
  2. 走化性Keller-Segel系の有限要素近似,日本数学会(応用数学分科会),特別講演,埼玉大学理学部,2007年3月27-30日
  3. Upwind finite-element method for the Keller-Segel system in chemotaxis (Invited Lecture), INSF2007: International Conference on Recent Developments of Numerical Schemes for Flow Problems --- 30years from upwind finite element methods, June 27–29, 2007 Kyushu University Nishijin Plaza, Fukuoka, Japan.
  4. 保存的上流有限要素法と粘菌方程式,愛媛大学理学部数学科談話会,愛媛大学理学部,2007年7月31日
  5. Conservative finite-element method for the Keller-Segel system modeling chemotaxis (Invited Lecture), 2007 Workshop on Mathematical Modelling and Analysis of Biological Pattern Formations and the Related Topics, September 25-26, 2007, Nagoya University, Nagoya, Japan.
  6. Keller-Segel系に対する保存的有限要素法,数値解析・応用解析セミナー,京都大学大学院情報学研究科,2007年12月6日
  7. 連続と離散―微分方程式の視点から―,数学公開講座:現象と数理,東京大学大学院数理科学研究科,2007年12月16日
  8.          

2006年

  1. 自己相互作用粒子系の数値解析,非線形現象数理解析研究会, 金沢大学サテライトプラザ,2006年2月9-10日
  2. 自己相互作用粒子系の有限要素近似.$L^1$保存性と$L^p$誤差評価, 菊地文雄先生の還暦を祝う計算数学/計算力学シンポジウム, 東京大学駒場キャンパス:ファカルティハウス,2006年2月16日
  3. Drift-Diffusion問題に対するScharfetter-Gummel差分スキーム, 明治大学数理解析セミナー,明治大学理工学部,2006年5月22日.
  4. An interpretation of the Scharfetter-Gummel finite difference method, The First China-Japan-Korea Joint Conference on Numerical Mathematics, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan, August 3-7, 2006. (Poster)
  5. Drift-Diffusion問題に対するScharfetter-Gummel差分スキームについての注意, 九州大学数値解析(QNA)セミナー,九州大学数理科学研究院,2006年11月14日
  6. 走化性放物型系に対する有限要素近似,偏微分方程式と現象:PDEs and Phenomena in Miyazaki 2006 (PPM2006),宮崎大学工学部,2006年11月18日

2005年

  1. Stokes 界面問題に対する有限要素解の収束率について,九州大学数値解析セミナー, 九州大学大学院数理学研究院,2005年2月1日
  2. Stokes 界面問題の有限要素近似,日本数学会(応用数学分科会), 日本大学理工学部,2005年3月27-30日(共著者: 大森克史)
  3. Stokes 界面問題の有限要素近似,解析セミナー,早稲田大学理工学部,2005年4月22日
  4. 相平均場方程式のシミュレーションと数値解析,無限次元力学系に関する集中セミナーIV,萩グランドホテル天空,2005年4月23日
  5. An application of nonlinear semigroup theory to the finite element method for a degenerate parabolic equation, SciCADE05 (2005 International Conference on Scientific Computation and Differential Equations), 名古屋国際会議場, 2005年5月22-27日
  6. Conservative upwind finite element scheme to a parabolic-elliptic system modelling chemotaxis, NACA2005(The Fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis), 沖縄コンベンションセンター,2005年 6月30日-7月4日<
  7. 自己相互作用粒子系の数値解析,藤田保健衛生大学講演会, 藤田保健衛生大学,2005年10月28日
  8. 走化性問題の数値解法,第6回医学数学シンポジウム,藤田保健衛生大学,2005年12月23日

2004年

  1. 単純化された Keller-Segel 系に対する保存的上流有限要素スキーム, Hakozaki Workshop on Applied and Numerical Analysis,2004年1月21-23日, 九州大学大学院数理学研究院
  2. 単純化された Keller-Segel 系に対する保存的上流有限要素スキーム, 日本数学会(応用数学分科会),2004年3月28-31日, 筑波大学第一学群
  3. Conservative upwind finite element scheme to a parabolic-elliptic system of chemotaxis,ワークショップ・ シミュレーションの数理科学,2004年5月27日,大阪大学大学院基礎工学研究科
  4. $L^1$ conservative finite-element scheme to a parabolic-elliptic system modelling chemotaxis, Czech-Japanese Seminar in Applied Mathematics, August 4-7, 2004, Czech Technical University in Prague (プラハ,チェコ共和国)
  5. 放物型方程式の非一様時間離散化について,明治大学数理解析セミナー, 明治大学理工学部,2004年11月15日
  6. 非一様な分割の下での解析半群の有理関数近似,阪大微分方程式セミナー, 大阪大学大学院理学研究科,2004年12月10日
  7. 現実世界の中の数学, 講演会(文部科学省「学力向上フロンティアハイスクール事業」),東京都立駒場高等学校, 2004年12月17日
  8. Stokes 界面問題の有限要素近似,応用数学合同研究集会, 龍谷大学理工学部,2004年12月20-22日(共著者: 大森克史)

2003年

  1. 走化性粘菌方程式の数値解の挙動,医学数学シンポジウム,2003年3月6-7日, 大阪大学待兼山会館
  2. 自己相互作用粒子系の時間離散化についての注意,日本数学会(応用数学分科会),2003年3月23-26日,東京大学大学院数理科学研究科
  3. $L^1$-analysis of the finite-element method for a degenerate parabolic equation, ICIAM 2003 (The 5th International Congress on Industrial and Applied Mathematics), Sydney Convention and Exhibition Centre, Sydney, Australia July 6-12, 2000
  4. 2Dトーラス上での粘菌方程式の数値解,医学数学集中セミナー,2003年9月19-20日,金沢セントラルホテル
  5. 単純化 Keller-Segel 系に対する保存型上流有限要素スキーム, 生田応用解析セミナー, 2003年11月17日,明治大学理工学部
  6. 走化性放物型楕円型連立系に対する保存的上流有限要素法, 応用数学合同研究集会,2003年12月18-20日,龍谷大学理工学部

2002年

  1. 退化放物型方程式の有限要素近似,九州大学数値解析研究会, 2002年2月12日,九州大学数理学研究院
  2. 粘菌方程式の差分解と数値例,医学数学シンポジウム,2002年3月6-7日,大阪大学
  3. 非線形半群と退化放物型方程式の有限要素近似,2002年3月28-31日, 日本数学会(実函数論分科会),明治大学リバティータワー
  4. properでない退化楕円型方程式の粘性解についての考察, 界面正則性と爆発に関する集中セミナーIII,2002年5月17-18日,神戸プラザホテル
  5. 非線形半群と退化放物型方程式への有限要素法,富山大学数学教室談話会, 2002年5月21日,富山大学理学部
  6. 摩擦型漏れ境界条件下でのStokes方程式の弱解とその正則性, 応用解析研究会,2002年6月15日,早稲田大学理工学部
  7. ある退化楕円型方程式の有限要素近似と $L^\infty$ 誤差解析, 生田応用解析セミナー,2002年7月29日,明治大学理工学部
  8. 自己相互作用粒子系への差分スキーム,界面正則性と爆発に関する集中セミナーV, 2002年8月29-21日,萩ロイヤルホテル
  9. 自己相互作用粒子系の差分近似,日本応用数理学会, 2002年9月19-21日,慶應義塾大学理工学部矢上キャンパス
  10. 退化放物型方程式の有限要素法の $L^1$ 解析,Analysis Seminar, 2002年10月24日,早稲田大学教育学部
  11. 自己相互作用粒子系の数値解析,自己相互作用粒子系の数学解析と数理, 2002年11月8日,大阪大学大学院基礎工学研究科
  12. 自己相互作用粒子系への差分法,微分方程式の数値解法と線形計算, 2002年11月20-22日,京都大学数理解析研究所

2001年

  1. 脳磁図分析解法アルゴリズムの開発と数学解析,第1回医学数学シンポジウム, ホテル高知プラザ,2001年2月8-9日
  2. 非定常 Navier-Stokes 方程式へのブロックLU分解,界面正則性と爆発解に関する集中セミナー,しあわせの村研修館(神戸市),2001年7月25-26日
  3. 退化放物型方程式の有限要素近似,日本応用数理学会2001年度年度会,九州大学数理科学研究院, 2001年10月7-9日
  4. 退化楕円型方程式の有限要素近似,界面正則性と爆発解に関する集中セミナーII,KKR 山口,2001年10月19-20日
  5. Nonlinear semigroup and numerical methods for degenerate parabolic equations, 研究集会:関数方程式の解のダイナミクスとその周辺,京都大学数理解析研究所, 2001年11月12-16日
  6. 退化放物型方程式の有限要素近似と $L^1$ 誤差解析,応用数学合同研究集会,龍谷大学, 2001年12月19-21日

2000年

  1. Stokes方程式に対する摩擦型境界値問題の弱解の正則性, 非線形現象の数理とシミュレーション2000, (財)富山勤労総合福祉センター, 2000年4月26日-28日(発表は27日).
  2. 摩擦型境界条件下でのStokes方程式の弱解の正則性, 生田応用解析セミナー, 明治大学生田校舎 6号館7階6715教室, 2000年 5月 15日 16:30-18:00.
  3. Regularity of Solutions to the Stokes Equations under a Certain Nonlinear Boundary Condition, The 2nd International Conference on Navier-Stokes Equations,Villa Monastero, Varenna (Italy), 2000年6月12-16日.
  4. Regularity of Solutions of Some Variational Inequalities for the Stokes Equations, 研究集会"変分問題とその周辺", 京都大学数理解析研究所, 2000年6月26-28日 (講演は27日).
  5. 脳磁図分析における逆問題解法へのある試み, 数値解析研究会(第14回), 大阪大学大学院理学研究科, 2000年7月12日 16:00-17:00.
  6. Regularity of Solutions to Some Variational Inequalities for the Stokes Equations, Numerical methods for flow problems and related topics, 九州大学箱崎キャンパス, 2000年7月17日-18日.
  7. Regularity of Solutions to Some Variational Inequalities for the Stokes Equations, The fifth China-Japan joint seminar on numerical mathematics, 上海交通大学, 上海, (中国), 2000年8月21-25日.
  8. Regularity of solutions to the Stokes equations under some nonlinear boundary conditions, The First East Asia Symposium on Nonlinear PDE, International Institute for Advanced Studies, 2000年9月19日-21日.
  9. 摩擦型境界条件下でのStokes方程式の弱解の正則性, 日本数学会(函数方程式分科会), 京都大学総合人間学部, 2000年9月24日-27日.
  10. 脳磁図分析における逆問題解法アルゴリズム, 日本応用数理学会, 東京工業大学(大岡山キャンパス), Organized Session(逆問題における再構成手続き), 2000年10月6-8日.
  11. 脳磁図分析における逆問題解法へのある試み; Part II, 数値解析研究会(第16回), 大阪大学大学院理学研究科, 2000年11月8日 16:00-17:00.
  12. Some flow problems with unilateral boundary conditions and regularity results, Numerical Analysis Seminar, Ecole Polytechnique Federale de Lausanne, Lausanne (Switzerland),  2000年11月16日.

1999年

  1. 領域分割法における収束の速さの領域依存性;I -Poisson 方程式に対する結果, 数値解析研究会(第1回), 大阪大学大学院理学研究科 E416/E418, 1999年 5月 26日, 16:00-17:30.
  2. 領域分割法における収束の速さの領域依存性;II -Stokes 方程式に対する結果, 数値解析研究会(第2回), 大阪大学大学院理学研究科 B431, 1999年 6月 16日, 16:00-17:30.
  3. Steinar の対称化と領域分割法, 第6回 阿波ワークショップ '99 -応用数学の動向-, 徳島大学工学部, 1999年8月12-14日.
  4. 領域分割法における収束の速さと領域の形状; Part IV, 日本応用数理学会, 愛媛大学工学部, 1999年10月4-6日(発表は4日).
  5. Operator Theoretical Analysis to Domain Decomposition Methods, 12th International Conference on Domain Decomposition Methods, 千葉大学けやき会館, 1999年10月25-29日(発表は28日)
  6. P.L. Lions "On the Schwarz alternating method I, II and III"の紹介,  数値解析研究会(第 6 回), 1999年 11月 10日, 16:00-17:30.

1998年

  1. 領域分割法の収束解析 -Stokes 方程式の場合- (藤田宏と連名), 日本数学会(応用数学分科会), 名城大学理工学部, 1998年 3月26日.
  2. On the shape of domains and the speed of convergence in a certain DDM for the Stokes equation, Fourth Japan-China joint seminar on numerical mathematics, 千葉大学けやき会館, 1998年8月24-28日(発表は24日).
  3. Stokes 方程式に対する領域分割法の収束の速さと領域の形状, 日本応用数理学会, 早稲田大学理工学部, 1998年 9月14日.
  4. Stokes 方程式に対する領域分割法 -収束の速さの領域依存性-, 日本数学会(函数方程式論分科会), 大阪大学, 1998年 10月 1日.
  5. 領域分割法における収束の領域依存性 - Stokes 方程式の場合 -, 生田応用解析セミナー, 明治大学生田校舎 6号館 7階 6715 教室), 1998年 10月 12日 16:30-18:00.
  6. Domain-Dependence of Convergence Rate in some Domain Decomposition Methods for the Stokes Equation, 学位論文説明会, 明治大学生田校舎 6号館 7階 6715 教室, 1998年 12月 4日 13:00-14:00
  7. 領域分割法における収束の速さの領域依存性 -Stokes 方程式に対する結果-, 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 1998年 12月19日.

1997年

  1. 領域の形状に対するある仮定の下での DDM の収束の速さについて (藤田宏と連名), シンポジウム "領域分割と並列計算の理論と応用", 早稲田大学, 1997年 3月27日.
  2. 領域分割法の収束の速さについて, 第4回阿波ワークショップ, 徳島大学工学部, 1997年 8月14日
  3. 領域分割法の収束解析についての藤田の方法とその拡張, 研究集会"領域分割法とその周辺", 国際高等研究所, 1997年 11月8日.
  4. 領域分割法における収束の速さと領域の形状について, 研究集会 "産業に現れる数値解析法の諸問題", Oxford大学 神戸インスティテュート, 1997年 11月14日.

1996年

  1. 領域分割法における収束の速さと領域の形状; Part II (北村潤, 藤田宏と連名), 日本応用数理学会, 東京大学駒場キャンパス, 1996年 9月26日.
  2. 領域分割法における収束の速さの作用素論および数値実験による考察 (藤田宏と連名), 研究集会 "科学技術における数値計算の理論と応用 II" , 京都大学数理解析研究所, 1996年 11月15日

>> 今年の口頭発表

Copyright (C) 2015 Norikazu Saito